LEDの照明を購入する前に知っておきたいポイント

適切なLEDライトを選ぶ

家電量販店に行くとさまざまなLEDのシーリングライトが販売されていますが、それらすべてが自分の部屋に合うとは限りません。「実際に自分の部屋にライトを置いてみたら、暗すぎて見えにくい」という経験がある方もいらっしゃるかもしれません。ポイントは自分の部屋に合った明るさの商品を選ぶということです。売り場の商品説明には「適用畳数」というものが記載されています。この数値を参考に自分の部屋と同じくらいの商品か、あるいは少し大きめの値の商品を買うと良いでしょう。また実際に売り場で光の雰囲気を体験することも大切です。自分の部屋に合った明るさでも、部屋のインテリアとは少し合わないという問題が生じることも考えられます。できれば売り場でライトの明かりが展示されている家具をどう照らしているのかを確認するのがおススメです。

電球を付け替える時のポイント

照明器具の中には、LEDの電球をつけることができない商品もあります。LEDの照明器具であれば問題ありませんが、購入してからずっと蛍光灯や白熱灯をつけていた商品だと注意が必要です。蛍光灯や白熱灯に比べてLEDの電球は重いことが多く、重量オーバーで付けられないことがあります。ここに無理やり電球を付けてしまうと、重さに耐えられず電球が落ちてしまう可能性があるので止めましょう。自分の部屋の商品に合うかどうかについては電球のパッケージに記載されています。購入前にはこの項目をしっかり確認し、よく分からないという方は店員の方に確認をとるのがベストです。

ledパネルにしておく事によって夜でもハッキリと綺麗に看板等の内容まで照らし出す事が可能になり目立ちます。

Share if you like!

Read more?