スマートフォンWebサイト【デザインにおける注意点】

スマートフォンでWebサイトを見るときは…

Webサイトを見るときに、PCと比べてスマートフォンでは何が違うかを、考えてみましょう。

まず、最も大きな違いは「画面の小ささ」です。そしてそれゆえに、スマートフォンでの閲覧は「一覧性に劣る」ともいえます。一度に表示される情報量が、PCと比べて非常に少ないのです。それから、スマートフォンでリンクやボタンをクリックする際は、「指でタップすることが必要」です。

では、これらの特徴を踏まえて、スマートフォンWebサイトのデザインにおける注意点を、以下にご説明していきましょう。

文字は適当な大きさで、行間も狭くなりすぎないように

スマートフォンでのWebサイト閲覧時には、やはり画面の小ささが気になります。

ですからサイトをデザインする際は、スマートフォンでも見やすい文字のサイズを設定し、かつ行間の広さも見やすい間隔にするようにしましょう。また見出しも、通常の文字と比較してサイズを大きく変えると、見やすく目立つようになるのではないでしょうか。

一度に表示させる情報を限定する

また、PCに比べて画面の小さいスマホは一覧性に劣りますので、一度に表示させる情報を選び、限定させるようにしましょう。重要なことはページの先頭に表示させ、そうでないものはスクロールして見られるようにするか、リンク先で見られるようにするといよいでしょう。あまり重要でない情報に関しては思い切って削除し、PC版とスマートフォン版で閲覧できる内容に差をつけてしまうのも、1つの手です。

タップ部分の間隔は大きくする

それから、リンク先などへの移動を選択する際、スマホでは閲覧者が画面を指でタップすることが必要です。ですからそれらのタップ部分の間隔が狭いと、誤った動作をしてしまう可能性がありますので、それは広めに設定しておきましょう。

従来のWebサイト制作はPCで閲覧するのが当たり前でした。しかし、スマートフォンが普及した今では、スマートフォンで閲覧することを前提としたスマートフォンWebサイト制作が主流となっています。

Share if you like!

Read more?