スマートフォンのWebサイトの作り方で注意しなければいけないこと

PCとスマートフォンのWebサイトの違い

PCでWebサイトを見るのとスマートフォンでWebサイトを見るのとで、一番違いがあるのは画面のサイズです。PCの方が画面が大きいので、Webサイトがよく見えます。スマートフォンは手のひらサイズのため、画面がPCと比べて小さくなってしまいますが、持ち運びができるので外出中でもネットの環境さえ整っていれば、どこでもWebサイトを閲覧することが可能です。また、スマートフォンのWebサイトの方が、PCと比べて縦長になりやすい特徴があります。何故なら、スマートフォン自体が縦長だからです。スマートフォンでWebサイトを見ていると、よくスクロールをしませんか?画面が小さい上に縦長のスマートフォンは、webサイトも同じように縦長になってしまいます。

スマートフォンのWebサイトの作り方で注意すること

スマートフォンのWebサイトは、PCと違って画面が小さくて縦長になっていますよね?そのため、PC版とまったく同じ作り方にしてしまうと、スマートフォンで見た時の見た目が良くありません。例えば、横のスクロールが出てきたり文字が小さかったりと、何故か見えにくいWebサイトがありませんか?それはPCにしか対応していないサイトだからです。横幅を画面とピッタリに表示させたり、文字のサイズもスマートフォンに合わせて表示させる必要があるため、スマートフォン特有の作り方をしなければいけません。

簡単に言えば、画面のサイズによって、レイアウト情報や文字のサイズなどを変更するように作成すればいいんです。画面の横幅によってレイアウトが変われば、PCで見てもスマートフォンで見てもレイアウトが最適化されるため、どのデバイスでも問題なく閲覧することができます。

スマートフォンサイト制作をするには専門的な知識が必要とされています。必要な言語を使えるようになる事が大切です。

Share if you like!

Read more?