iPhone修理をしたい?やり方と注意すべきポイント!

自分でやるか専門家に任せるか

壊れたiPhoneを修理したいのなら、まずは自分で行うか専門家に任せるか考えましょう。ネットで探せば、交換用パーツをバラで売っているショップを見つけられるため、そちらを利用すれば最安で修理ができます。液晶画面やボタンの交換などは、素人でも比較的簡単に行えるので、腕に自信があるのならチャレンジしてみましょう。自分での修理が無理ならば、メーカーや専門業者に任せるのがよいです。修理料金を高そうだと感じ、不安に思うなら、見積もりをだしてもらって事前にチェックしましょう。納得した上で修理を頼めるため、法外な料金を支払うことにはなりません。

中に入っているデータが大切なら

メーカーや専門業者に修理をお願いするのなら、iPhone内のデータのことをきちんと考えましょう。修理というのは、本体を問題なく利用できる状態にしてくれるものであって、使用していた以前の状態に戻してくれるものではありません。そのため、iPhone修理をしてもらうと、中身のデータがきれいサッパリと消えてしまう可能性があります。もしも、大切なメールやデータがあるのなら、失わないように、修理にだす前にデータを取りだしておきましょう。

iPhoneの本体が壊れていなくて電源が入る場合は、パソコンに繋げば中身を取りだせる可能性があります。しかし、電源が入らない状態では、パソコンに繋いでも反応がないので、データ復旧業者に頼みましょう。有料ですが、iPhoneのデータ復旧にも対応している業者もあるため、そちらに渡せば大切な中身を取り戻すことができます。

iPhone修理の費用を節約しようと思って自力で直そうとする人もいます。安く済ませる場合もありますが、失敗をすれば逆に費用が高くかかることもありえます。

Share if you like!

Read more?