家の中でしか話していないことを夫や知人が知っていた?盗聴器が仕掛けられているかも

コンセント周辺に設置されている盗聴器

家の中でしか喋っていないことなのに、第三者がそのことを知っているとしたら怖いですよね。もし、実際にそのようなことが起きたら、盗聴器が仕掛けられていることを疑った方がいいでしょう。盗聴器を家の中に仕掛けるのはそれほど難しいことではありません。たとえば、自分が会社にいるとき、妻が家の中でなにをしているのか夫が知りたいと考えれば、好きなところに仕掛けられますし、異性に片思いをしている人が、その人に渡したプレゼントの中に盗聴器を入れるといったこともできます。

では、盗聴器は具体的にどのような場所に仕掛けられることが多いのでしょうか。やはり、最初に確認したいのはコンセント周辺でしょう。継続的に盗聴を行うためには、電源を確保しなければならないからです。

盗聴犯を特定するためには

短期間の盗聴であれば、電話の受話器の中に仕込むこともあり得ます。映画やドラマでは、テーブルの下に仕掛けられることが多いですが、テーブルの下だと電源の確保が難しいですし、重要な会話がなされる場所というわけでもないので、実際は設置場所としてそれほど選ばれる場所とはいえません。

では、盗聴器を発見したらどうすればいいのでしょうか。この場合、まずは仕掛けられているところから速やかに外しましょう。電池内蔵型のものは、電池を外せば発信することはなくなります。そのあと、仕掛けられていた場所を撮影できる隠しカメラを設置しておくと、盗聴犯を特定できるかもしれません。というのは、盗聴犯は、盗聴できなくなった場合、盗聴器がどうなったのかを確認しにくることが少なくないからです。

シュレッダーとは紙を粉々にして処分する機械の事です。個人情報など、人には見られたくない書類を処分するのに役に立ちます。

Share if you like!

Read more?