ウェブ制作ではデザインだけではなく読みやすい文章を書くことも大事

中身を読まれないサイトは存在する意味がない

ウェブ制作ではウェブページのデザイン作りも大切ですが、もっとも重要なのは中身です。読みやすい文章、面白いコンテンツでない限り、人はなかなか読んでくれません。誰も読んでくれないウェブページは存在理由がほぼないといえるので、ウェブ制作にかけた時間が無駄になってしまいます。なので、しっかりとした中身を作り込むようにしましょう。では、ウェブ上で読みやすい文章とは、どのようなものなのでしょうか。

これを考えるにあたって、一番いいのは読みにくい文章を考えることです。その方がイメージしやすいですし、読みにくい文章の反対を意識して文章を書けば、必然的に読みやすいものになる可能性が高いです。

人が読むことを考えて文章を構成しよう

インターネット上で読みにくい文章として挙げられるのは、まず、文字が小さく、間隔が詰まっているものでしょう。まったく隙間なく、ページ全体に小さな文字が詰まっていたら、まず、読みやすいと感じる人はいません。なので、目の悪い人でも視認できる大きさで、行の間隔を適度にあけるようにしましょう。また、適度に小見出しを置いて文章を分けるようにすると、読者に圧迫感を感じさせませんし、内容を把握してもらいやすくなります。

独り言のような文章も読みにくいものです。ウェブ上の文章は、できるだけ人に語りかけるようにして書いた方が伝わりやすいですし、また、読まれる可能性を高くできます。特定の趣味を持つ人にしか通じない言葉を出した場合、注釈をつけると親切です。

コーディングとはプログラム言語を使ってプログラムを作る事です、例えばVBAを使ってexcelのマクロを作る事です、身近なところではHTML言語を使いホームページを作る事もそれにあたります。

Share if you like!

Read more?